東洋製罐グループの一員としてグループ環境方針に従い以下の行動を推進します。

環境活動

会社情報

品質

■品質方針

これは、ISOを道具として使い、仕事のやり方、仕組みを改善して行くことです。特に次の3点を重点課題として取り組み、改善して行きたいと考えています。

1.
2.
3.

仕事のやり方、仕組みを常に評価し、問題があれば改善を繰り返す。

社内の責任権限を明確にする。

顧客に満足して戴く製品、サービスを提供する。

「会社を持続的に維持改善し、世界に通用する製品を造る」

■外部認証取得

ISO   9001:2015 / JIS Q   9001:2015 登録番号: 1639

ISO 14001:2015 / JIS Q 14001:2015 登録番号:E1170

4.
3.

東洋製罐グループエンジニアリング株式会社は、地球環境の保全、さらには地球環境の質的改善が人類共通の最重要課題であることを強く認識し、企業活動のあらゆる面で環境に対するきめ細やかな配慮を行いつつ、充填・包装容器機械設備メーカーとして、人類の生活文化の向上に貢献します。

環境方針

環境基本理念

環境保全活動を推進させるため、環境マネジメントシステムを継続的に維持改善しながらあらゆる活動で環境への配慮を行います。

環境に関する法規、条例およびその他の要求事項を順守すると共に、自主的な管理基準を設定し、環境管理の継続的向上に努めます。

省資源、省エネルギー及び廃棄物の削減を図るとともに、資源のリサイクルに努めます。

従業員の環境に対する意識向上を図るため、教育、啓発、広報活動を行います。

環境に関する社会活動、地域活動に積極的に参加し、社会に貢献します。

この環境方針は、当社の全従業員に周知すると共に、一般の人にも開示します。

1.
2.
環境
5.
6.
7.

□廃棄物処理

【高濃度PCB高圧コンデンサ】

【低濃度PCB高圧コンデンサ】

【美化活動】

【地球に優しい製品作り】

従来製品に比べオイル循環方式の給油システム採用による油飛散・汚染防止、省エネ、運転時の騒音低減等を実現した環境対応型シーマ(缶の蓋を巻き締める機械)を世に送り出しています。 

また、機械部品の加工については、図面作成段階から出来るだけ削る部分を減らして材料を節約し、加工に係わるエネルギー消費等を抑えるよう努めています。

​※事業内容のうち、不動産賃貸業を除く。