当社は 2004年9月にコンプライアンス活動準備委員会を設置し、コンプライアンス活動をスタートしました。 東洋製罐グループでは従業員等が「誠実で責任ある行動」を取るために、企業行動憲章/企業行動基準を定めており、当社でも全社員に配付し読み合わせを行うとともに、その内容の実践を心掛けています。


また、コンプライアンスに関る社内相談窓口を設けるとともに、「企業倫理ホットライン」と「セクハラ・人間関係ホットライン」の二つの社外相談窓口を外部の専門会社に委託して開設しました。
 

そして、東洋製罐グループコンプライアンス推進委員会と当社コンプライアンス推進委員会が常に連携をとりながら、「常に正しい行動を!」を目標にコンプライアンス体制の構築に取り組んでいます。

会社情報

コンプライアンス活動への取り組み